而今 jicon|総ひのきの家つくり|栃木県日光市 有限会社 丸ちょん木材

而今とは

而今とは

太古の昔から人のそばにあり、
共に呼吸しながら寄り添ってきた「木」。
生命の静かなる象徴として
自然界の巡る季節をたくましく生き、
永い時を経てなお、連綿と生の営みを続けてきた存在。
その美しさやぬくもりは普遍的であり、
その鼓動を私たちに日々伝え続け、
私たちの暮らしに安寧をもたらします。
だからこそ、私たちは木に惹かれ
木に懐かしさを覚えるのでしょう。
木は人の自然回帰の象徴であり、生命の宿る場所。
そんな木の息吹を五感で感じながら、
日々暮らすことができたなら。

私たち「丸ちょん木材」は
創業以来その絶えない想いを持ちながら、
木にこだわった家づくりをしてまいりました。
それは、過去はもとより現在、そして未来にいたるまで
変わることのない信念です。
丸ちょん木材が、家づくりの原点である素材として
求めたのは国産の天然ひのき。
そして、それによって作られる住まいを
「而今 jicon 」と名づけました。
「而今」は鎌倉時代の禅僧、道元禅師が悟った世界観であり、
「ただ今、その一瞬」を意味する言葉。
私たちは瞬間の生命をつなぎながら
過去より未来へ根を張り、幹をそびえさせ
枝を伸ばす「木」の姿をそこに重ね合わせました。
人の暮らしを、命を守る家。
木と共に今を生きる家。
それが丸ちょん木材の住まい「而今」です。

而今

お知らせ | 内覧会の情報や現場日記

一覧を見る
ページトップへ

© 2017 Maruchonmokuzai co.,ltd

open

close