而今 jicon|総ひのきの家つくり|栃木県日光市 有限会社 丸ちょん木材

家のこと

無垢材への絶えざる想い。余計なものはいらない、ひたすら無添加でいい。

暮らしの舞台である家だからこそ、 安心かつ安全でなければいけない

言うまでもなく、家は人生の多くを生きる場所。そこでは家族と共に過ごす、さまざまな時間が積み重なっていきます。
そんな家は、言わば「暮らしの舞台」。長く時を刻み、経年する毎に味わいを深めながら、
住まう人をより豊かにしていく大きなステージなのです。そんな家に不可欠なのが「安心」であることと
「安全」であること。ごく当たり前のようですが、その条件を完璧に満たすのはそうやさしいことではありません。
当社では国産ひのきだからこそ得られる「安心」と「安全」を家づくりの最大の価値とし、
お客さまに訴求してまいります。

人の健康を思いやる「無添加の家」は「快適な家」でもある

丸ちょん木材の家は「無添加」。構造躯体がひのきであることはもちろん、内装材は部材や造作材にいたるまで、
すべて無添加の無垢材を使用。通常、見えない押入れや床の仕上げもベニヤではなく天然素材を使います。
また、壁はクロス張りではなくドイツ製の漆喰や国産の珪藻土仕上げ。塗装剤も天然由来のものしか使わないので、
いわゆる「シックハウス症候群」とも無縁です。また、断熱工法は「外張り断熱」を採用。
断熱材が柱・梁の外側にあって切れ目なく連続しているため、高い断熱性・気密性が安定的に保つので
室内外の温度差が少なく、一年中快適かつ健康的な住環境が実現します。

その概念を変える、ひのきのリフォーム

リフォームは単に古くなった家を修繕・補強するだけでなく、子育てや、二世帯、介護などライフスタイルの
変化に伴って家のあり方を柔軟に考え、対処していくもの。より長く、より快適に住むための解決策でもあります。
丸ちょん木材のリフォームは、既存のものを使った「部品交換型」ではありません。
お客様のご予算・ご要望に合わせ、通常のリフォームでは使わないような国産ひのきを使用して、
永く住み継がれる住まいに生まれ変わらせます。

施工実績

 施工事例一覧を見る

家づくりの流れ

アフターメンテナンス

お引渡しから3ヶ月・6ヶ月・1年・3年にアフター担当による定期点検を実施しております。
細部(給水、排水管の接続部、床下など)のチェックを含めた建物の点検を行います。

ページトップへ

© 2017 Maruchonmokuzai co.,ltd

open

close